My備忘録(又の名を雑記帳)

WinMacのMy備忘録(IT系?)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーをブックマークに追加する | このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク | [*Edit] |
FirefoxPortableで複数のプロファイルを使用する方法 Vol.2です。
こちらはWSH(JScript)版です。FirefoxPortable.exe版はこちら

Windows XP, 7 で正常動作することを確認しています。

1.FirefoxPortable\FirefoxPortable.ini と、 FirefoxPortable\Data\profile フォルダを、
  使いたいプロファイルの数だけコピーする。

2.コピーしたFirefoxPortable.ini と profileフォルダの名前を好きな名前に変更する。
  (例:FirefoxPortable.ini→FirefoxPortable-01.ini :profile→01 など)

3.2で名前を変更したFirefoxPortable.ini をエディタで開き、
  ProfileDirectory=Data\profile
  上記赤文字の部分を2.で変更したプロファイル名と同じにする。

4.同時起動出来るように、
  AllowMultipleInstances=true
  に変更。

5.下をメモ帳などにコピーして、FirefoxPortable_ChangeProfile.jsなどという名前で、FirefoxPortable.exeと同じ場所に保存する。
うまく出来ない人は
FirefoxPortable_ChangeProfile.js FirefoxPortable_ChangeProfile.js
からダウンロードして下さい。
/***************************************************************************
'【ソフト名】 FirefoxPortable_ChangeProfile スクリプト
'【動作確認環境】 Windows XP, 7
'【URL】 http://winmac.blog33.fc2.com/
'【ライセンス】 MIT License
'        Copyright (c) 2009 http://winmac.blog33.fc2.com/
'***************************************************************************/

var fs = WScript.CreateObject("Scripting.FileSystemObject");
var ws = WScript.CreateObject("WScript.Shell");
ws.CurrentDirectory = String(WScript.ScriptFullName).replace(WScript.ScriptName,"");
if(!fs.FileExists(WScript.Arguments(0)))
WScript.Quit(1);
var ini_d = fs.getFile("FirefoxPortable.ini");
ini_d.name = "FirefoxPortable-Default.ini";
fs.CopyFile(WScript.Arguments(0), "FirefoxPortable.ini");
ws.Run("FirefoxPortable.exe");
WScript.Sleep(1000 * 5); // 1000 * n = n秒待機
fs.DeleteFile("FirefoxPortable.ini");
ini_d.name = "FirefoxPortable.ini";


6.それぞれのprofileフォルダ下の extensions.ini を開き、
Extension0=
などのパス部分を適宜変更する。

準備は以上です。
使い方は、ランチャーやドラッグアンドドロップで FirefoxPortable_ChangeProfile.js に2.で変更したiniファイル(例:FirefoxPortable-01.ini)を渡してください。

●補足
FirefoxPortable_ChangeProfile.jsを使わなくても、バッチファイルやfirefox.exeに直接コマンドラインオプションを渡したり(例:firefox.exe -no-remote -P "Another Profile")するなど、他にも色々な方法があります。
firefox.exeのコマンドラインオプションは下記URIを参照して下さい。
https://developer.mozilla.org/ja/Command_Line_Options

関連記事
2009.09.06 | TOOL | トラックバック(0) | コメント(0) | このエントリーをブックマークに追加する | このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク | [*Edit] |

関連しているかもしれない記事一覧















管理者にだけ閲覧を許可する

トラックバックURL↓


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。