My備忘録(又の名を雑記帳)

WinMacのMy備忘録(IT系?)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーをブックマークに追加する | このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク | [*Edit] |
Vol.1は↓
http://winmac.blog33.fc2.com/blog-entry-114.html


レスキュー用ライブCDとして、新たにMinimum Ubuntuというものを見つけた。
Minimum Ubuntu
http://wikiwiki.jp/disklessfun/?minimum-ubuntu

usb-minimumubuntu.img (28 MiB)
各種ブートローダ(MBM,GRUB Legacy,GRUB 2,syslinux)の復旧に特化しているような印象を受けたが、他にも色々出来る。
オンメモリ動作可能。
testdiskあり。
サイズがとても小さい。

●ダウンロード
作者様のページではバイナリ配布はされておらず、Ubuntu系Linux上で使用する作成キットしか配布されていないので、
緊急にMinimum Ubuntuを使うことになったときの事を考え、ここでバイナリを配布します。

create-minimumubuntu-kit-0.9.013を使い、作成したイメージファイルです。(中のパッケージは、10/06/20時点での最新版)
ベースはUbuntu 10.04(Lucid Lynx)です。
grub-pcは 1.98-1ubuntu6 が入ってます。
dmraidも入れてます。

・USBブートイメージファイル
usb-minimumubuntu-include(dmraid)-0.9.013(100620)-10.04.img usb-minimumubuntu-include(dmraid)-0.9.013(100620)-10.04.img

・上のUSBブートイメージをブータブルCD化したISOイメージファイル
cd-minimumubuntu-include(dmraid)-0.9.013(100620)-10.04.iso cd-minimumubuntu-include(dmraid)-0.9.013(100620)-10.04.iso

・MD5
1005f25ea22c2af0ed23f33fd2c59596 usb-minimumubuntu-include(dmraid)-0.9.013(100620)-10.04.img
544b9a01acb2df67ed9fa21a49d2f48b cd-minimumubuntu-include(dmraid)-0.9.013(100620)-10.04.iso

・SHA1
316d5d02badf53910216697a731abf30c8864f5c usb-minimumubuntu-include(dmraid)-0.9.013(100620)-10.04.img
418b4152f7650cab24f3f418d8c0ae1ef0e6b975 cd-minimumubuntu-include(dmraid)-0.9.013(100620)-10.04.iso

create-minimumubuntu-kit-0.9.009を使い、作成したイメージファイルです。(中のパッケージは、10/01/17時点での最新版)
ベースはUbuntu 9.10(Karmic Koala)です。
grub-pcは 1.97~beta4-1ubuntu4.1 が入ってます。
dmraidも入れてます。

・USBブートイメージファイル
usb-minimumubuntu-include(dmraid)-0.9.009(100117).img usb-minimumubuntu-include(dmraid)-0.9.009(100117).img

・上のUSBブートイメージをブータブルCD化したISOイメージファイル
cd-minimumubuntu-include(dmraid)-0.9.009(100117).iso cd-minimumubuntu-include(dmraid)-0.9.009(100117).iso

・MD5
111973568c58bf5672807ce07bab42e7 usb-minimumubuntu-include(dmraid)-0.9.009(100117).img
5674ce13b25a2a75ed641b151e01bc3d cd-minimumubuntu-include(dmraid)-0.9.009(100117).iso

・SHA1
e43e45b95e7948fb6e4fc63bfb3700e48c964a13 usb-minimumubuntu-include(dmraid)-0.9.009(100117).img
5dc79def2914ff71c40815ce3ac3e4c5683ef928 cd-minimumubuntu-include(dmraid)-0.9.009(100117).iso



●変更点
キットで作ったものそのままではなく、いくらか変更点があります。
rootとowner(id=1000)のパスワードはどちらも空にしてあります。(sshで接続する時もパスワードは空)
また、ログイン時は自動ログインするように変更しています。

ログイン時、バージョン表示させるのを忘れたので、バージョンが知りたければ、/etc/issueを見てください。

Minimum Ubuntu

●GRUB復旧法
・chrootを必要とする方法
Ubuntuがインストールされているドライブに後からWindowsをインストールしてUbuntuが起動できなくなったときは
http://gihyo.jp/admin/serial/01/ubuntu-recipe/0097?page=3


・chrootを必要としない方法
Tips: grub2とgrub1の扱い方(様々な再セットアップ方法等)
http://wikiwiki.jp/disklessfun/?grub2_and_grub1#grub2_rescue


●自分でブータブルCDを作る場合は
create-minimumubuntu-initrd_contents.shを実行後、
minimum-ubuntu-diff-0_9_013-10_04.txt
minimum-ubuntu-diff-0_9_009-9_10.txt
上をDLし、
patch -p0 -d . -E < minimum-ubuntu-diff-0_9_013-10_04.txt

でパッチをあてた後、workディレクトリとsyslinux.cfgを自分なりに変更/修正。
usb-minimumubuntu.imgを作成後、ファイルを抽出するか、create-minimumubuntu-usbboot-img.shを変更し、pntディレクトリからcdディレクトリにファイルをコピー。
syslinux.cfgをisolinux.cfgにリネーム。isolinux.binをcdディレクトリに用意。

その後、下のようにgenisoimage(mkisofs)コマンドで cd-minimumubuntu.iso を作成。
genisoimage -iso-level 1 -b "isolinux.bin" -hide boot.catalog -hide "isolinux.bin" -no-emul-boot -boot-load-size 4 -V "cd-minimumubuntu" -o "cd-minimumubuntu.iso" "cd"



関連記事
2010.01.26 | memo | トラックバック(0) | コメント(3) | このエントリーをブックマークに追加する | このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク | [*Edit] |

関連しているかもしれない記事一覧

No.101 - Title:USBメモリから起動するには?
はじめまして。

実は、数日前から cd-minimumubuntu-include(dmraid)-0.9.013(100620)-10.04.iso を使わせていただいて、USBメモリからの起動を試しています。

いろいろ調べてやってみたのですが、どうしてもUSBメモリからの起動が出来ません。

よろしければ、起動のしかたを教えてくれないでしょうか?

いままで試してみたことで、おおまかな流れとして、まずISOファイルを仮想マウントツールなどで開いて、出てきた4つのファイル(LINUX.CFG、INITRD.IMG、LDLINUX.SYS、VMLINUZ)をFAT32ファイルシステムのUSBメモリにコピーしました。

それからBIOSを設定して、読み込みの順番を、1.USB-ZIP、2.USB-FDD、3.CD-ROM、4.Hard Diskにしてから、再起動してみました。

その他、いろいろ分からないながら、UNetbootinを使ってみたり、ISOLINUX.CFGファイルの編集などをしてみましたが(ファイル名のISOLINUX.CFGをSYSLINUX.CFGに変更してみたり)、まったく駄目でした。

ネット上にも minimumubuntu に関する情報が少なく、お手上げの状態です。

何かおおまかな方向だけでも良いので、教えていただけないでしょうか?

よろしくお願いします。m(_ _)m

2011.08.04(木) 18:28:17 URL | pakupaku さん@管理人 [ 編集 ]


No.102 - Title:承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

2011.08.04(木) 23:09:31 URL | さん@管理人 [ 編集 ]


No.103 - Title:Re: USBメモリから起動するには?
はじめまして。

まず、本来ならエントリー内でインストール方法を解説すべきなんでしょうが、
ブログのトップでも書いているように、私がこのブログにログインできないので、
コメント欄だけでのアドバイスになることをお詫びします。

また、今後、私がコメント欄にこうしてなにかを書くことはないかもしれません。

上に「このコメントは管理者の承認待ちです」がありますが、これは私です。
先ほどpakupakuさんに返信したものなんですが、ログインできないので表示も削除もできなくなりました…
この文章も書き直したものです。


起動の仕方ですが、
エラーメッセージがないので推測ですが、PCがUSBメモリからのブートに対応しているという前提で、
SYSLINUXが正しくUSBメモリにインストールされていないのだと思います。

ところで、
ファイル名の頭に cd が付いているものは、CDなどからブートするために作ったものなので、
USBメモリから使うのであれば、ファイル名の頭に usb が付いているものを使った方が簡単です。

頭に cd が付いているファイルでもUSBメモリにインストールできるのですが、
ここからは頭に usb が付いているファイルを使った方法を解説します。

頭に usb が付いているファイルはddというコマンドで書き込むのですが、WindowsにはDDforWindowsというソフトがあるので、
まず、DDforWindowsを以下からダウンロードし起動してください。
http://www.si-linux.co.jp/wiki/silinux/index.php?DDforWindows

起動したら、対象ディスクにUSBメモリを、
対象ファイルに usb-minimumubuntu-include(dmraid)-0.9.013(100620)-10.04.img を指定して書き込んでください。

このとき、USBメモリ内のファイルは消えるので注意が必要です。

後は、BIOSでUSBメモリから起動するように設定すれば、USBメモリから起動するはずです。

2011.08.05(金) 00:54:16 URL | 管理人 さん@管理人 [ 編集 ]
















管理者にだけ閲覧を許可する

トラックバックURL↓


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。