My備忘録(又の名を雑記帳)

WinMacのMy備忘録(IT系?)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーをブックマークに追加する | このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク | [*Edit] |
便利そうでいいなぁ~これ。

 パソコン関連機器を手がけるイーレッツは4月24日,無償のIP電話ソフト「Skype」を家庭用電話機で発着信できるようにするアダプタ「すかい楽」の出荷を開始した。ユーザーは,家庭用電話機と同じ使い勝手でSkypeからの着信にも応答できる。イーレッツの直販サイト「イーレッツダイレクト」での販売価格は9450円。家電量販店などの店頭には,早ければ今週中にも並ぶ見込み。

 すかい楽は,家庭用電話機を接続するポート,加入電話のアナログ回線をつなぎ込むポート,パソコンとつなぐUSBポートと計3個の接続インタフェースを備える(写真)。パソコンで起動しているSkypeに着信があると,家庭用電話機の呼び出し音が鳴る。一般の電話での応答と同じように,受話器を持ち上げるとSkypeにかけてきたユーザーと通話を開始できる。従来通り,加入電話からの着信も受けられる。

 家庭用電話機からSkype経由で電話をかけることも可能。ただし,Skypeは「スカイプ名」と呼ぶ文字列を指定して電話をかける仕組み。家庭用電話機からは文字列を入力できないため,あらかじめSkypeが実装する短縮ダイヤル機能を使い,スカイプ名と2けたの番号をひも付けておく。ユーザーは,「*」,「相手先の短縮ダイヤル番号」,「#」の順で電話機の番号ボタンをプッシュする。この一連の操作を基に,すかい楽はSkype経由の発信と認識する。



すかい楽



Skypeの着信を家庭用の電話機で応答できるアダプタ:ITpro
関連記事
2006.04.24 | memo | トラックバック(0) | コメント(0) | このエントリーをブックマークに追加する | このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク | [*Edit] |

関連しているかもしれない記事一覧















管理者にだけ閲覧を許可する

トラックバックURL↓


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。