My備忘録(又の名を雑記帳)

WinMacのMy備忘録(IT系?)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーをブックマークに追加する | このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク | [*Edit] |
今まで人間は皮膚呼吸するものだと思い込んでた…orz
てかなんでこうも皮膚呼吸というデマがさも真実のように広まってるんでしょうかね?

 医学的には全く根拠がないのに,なぜか一般社会では常識となっている事がある。その一つが「皮膚呼吸」である。医学的知識があれば,人間は皮膚で呼吸していない事なんて誰にもわかる事実のはずなのに,なぜか一般的には「皮膚で呼吸している」というのが流布しているようなのだ。

 試しに,インターネットで「皮膚 呼吸」で検索してみると,「人間は皮膚で呼吸していない」と明記してあるサイトはごく一握りであり,それ以外の 90%以上のサイトでは「皮膚で呼吸している」ことを前提条件にいろいろな事を説明しているのだ。皮膚で呼吸できるのはカエルなどの両棲類だけのはずだが,いつのまにかこの国では,人間は両棲類の仲間入りしたことになっているらしい。
 人間は皮膚で呼吸しているというのは言ってみれば,「人間は卵を生む」というのと同じようなものである。


 ちなみに,「皮膚と呼吸」に関する,正しい知識を列挙すると次のようになる。

* 皮膚を介して空気が出入りする事はない。
* 皮膚は基本的に排泄器官であり,汗腺から皮脂腺から不要なもの,有毒なものが排泄されている。

(中略)

「皮膚で呼吸している」というのは単なる迷信である。従って,「皮膚呼吸を妨げない」ことをうたった商品や治療法などは全て,理論的根拠がないと言える。



皮膚呼吸って何?
関連記事
2006.07.15 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | このエントリーをブックマークに追加する | このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク | [*Edit] |

関連しているかもしれない記事一覧















管理者にだけ閲覧を許可する

トラックバックURL↓


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。