My備忘録(又の名を雑記帳)

WinMacのMy備忘録(IT系?)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーをブックマークに追加する | このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク | [*Edit] |
※ 追記
レジストリの意味が分かる方は、
[まとめ] Visual Studio Express Edition をユーザー登録せずに使う方法
の方がいいかもしれません。




普通、Visual Studio 2005 Express Edition はユーザー登録しないと、
30日間しか使用できませんが、これをユーザー登録不要にすることも出来るので、ここに書いておく。
方法は簡単で、インストールするときにインターネットからファイルをダウンロードする必要がないようにしておくだけ。

方法は別に何でもいいです。
CDイメージからインストールするとか、Webインストール版を使う場合は、事前に必要なファイル群をローカルに保存しとけばいいだけです。

Webインストール版を使う場合に必要なファイル群ってのは、Webインストール版のexeファイルを解凍(CABで圧縮されている)して出てくるファイル全部とインストールしたい言語のインストールファイル本体、あとは.NET Framework 2.0がインストールされていなければ.NET Framework 2.0も必要になります。

・Webインストール版のURI (※ 追記:11/01/15時点で、DL&インストール出来ることを確認)
Visual Basic 2005 Express Edition
http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=51405&clcid=0x411
Visual Web Developer 2005 Express Edition
http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=51413&clcid=0x411
Visual C# 2005 Express Edition
http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=51411&clcid=0x411
Visual C++ 2005 Express Edition
http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=51410&clcid=0x411
Visual J# 2005 Express Edition
http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=51412&clcid=0x411

で、肝心のインストールしたい言語のインストールファイル本体はどこからダウンロードしてくるのかって言うと、↓からダウンロードできます。自分に必要なファイルをダウンロードしてください。

MSDN Express Library http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=51429&clcid=0x411
Web Developer http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=51422&clcid=0x411
Visual Basic http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=51415&clcid=0x411
Visual C# http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=51418&clcid=0x411
Visual C++ http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=51417&clcid=0x411
Visual J# http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=51420&clcid=0x411

Visual J# .NET 1.1 再頒布可能パッケージ http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=51426&clcid=0x411
.NET Framework 2.0 http://www.microsoft.com/japan/msdn/netframework/downloads/

ダウンロードしてきたファイルを、Webインストール版のexeファイルを解凍して出てきたファイル群と同じフォルダに置いて、.NET Framework 2.0とかは wcu ってフォルダを作成して、その中のそれぞれのフォルダに入れておきましょう。(例として、.NET Framework 2.0の場合は dotNetFramework というフォルダの中)
詳しくは、↓を参考にしてください。(背景色がエメラルドグリーンっぽいのがフォルダって意味です)
VC++のやつですけど、他の言語でもIxpvc.exeってファイルがそれぞれの言語のインストールファイル本体で置き換わるだけです。

VC++ 2005 Express のインストールCDイメージ(vc.iso)の中のファイル一覧

あとは、Webインストール版を解凍して出てきた「setup.exe」を実行するとユーザー登録を回避してインストールできます。(Webインストール版自体を実行しないように注意)

楽なのはCDイメージからインストールする方法ですね。何も考えなくていいですし。

----------------------------

※豆知識
新規プロジェクトのウィザードに、「Win32 プロジェクト」を表示させるには、↓辺りを参考に。
・Visual Studio 2005/Visual C++ 2005 Express Edition に PlatformSDK を統合する(改訂版)
・Visual C++ Express について (ページのちょうど中央あたりにあります)
アイコンとかもStadnard Edition 以上と同じものを使いたければ、ここにある適当なVS 2005の評価版から抜き出してくればいいかと。

ちなみに、Standard Edition以上を購入予定の人は、Express Editionでユーザー登録しておくと、VS 2005 Std、Pro、Tools for Officeをアップグレード価格で購入できるのでお得。教育機関/教員/学生なら、Standard Editionのアカデミック版の方が安いですが。
・ソース

※上の方法でインストールしたら不要な豆知識
ちなみに、どうもVisual Studio 2005 Express Editionは30日間という期限を、インストールした日付から算出しているようなので、インストールする前にPCの日付を未来に設定しておくと、それだけ期限が延びるようです。(インストールが終わったら日付を元に戻してもOK)

※関連リンク
・Visual Studio 2005 Express Editions: Visual C++ 2005 Express Edition と Microsoft Platform SDK を一緒に使う
・Professional? Standard? それともExpress? - @IT
・窓の杜 - 【NEWS】「Visual Studio 2005 Express Edition」日本語正式版の一般向け無償公開開始
・窓の杜 - 【NEWS】「Visual Studio 2005 Express Edition」の無償提供期間が1年から無期限へ変更



ファイル一覧のzip圧縮版 (拡張子がtxtになってるので右クリックから保存してください。)

関連記事
2006.12.23 | TOOL | トラックバック(1) | コメント(0) | このエントリーをブックマークに追加する | このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク | [*Edit] |

関連しているかもしれない記事一覧















管理者にだけ閲覧を許可する

トラックバックURL↓

Visual Studio Express Edition をユーザー登録せずに使う方法 - まとめ
結構前に Visual Studio 2005 Express Edition をユーザー登録せずに使う方法 って記事を書いて、 そこではローカルに必要なファイルを全てダウンロード...

2009.05.01(金) 23:15:46 | My備忘録(又の名を雑記帳)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。